このページではJavaScriptを使用しています

グリーンツーリズム・エコツーリズム体験プログラムガイド「感動体験南信州」株式会社南信州観光公社

TOP» 環境学習・自然散策|南信州観光公社» 絶滅危惧種の実態と保護考察

環境学習・自然散策|南信州観光公社|絶滅危惧種の実態と保護考察

絶滅危惧種の実態と保護考察

ハナノキ・カタクリ・ザゼンソウ・ギフチョウ等、レッドデータブックに載っている希少種の実態と保護について、保護活動の実践家に学びます。併せて、増殖のために整えなければならない環境についても考察します。

プログラムの流れ

レッドデータブックについての説明(20分)

保護活動についての説明(30分)

フィールドワーク(2時間)

まとめ(10分)

プログラム情報

実施期間/通年
所要時間/3時間
対象とする人/教育旅行(中・高学校) 研修旅行(会社) 10人~ 大学セミナー 10人~
1回の受け入れ実施可能人数/20人
実施場所/南信州各地

おすすめポイント

実践家の実体験に基づいた取り組みに、環境保護の真髄を伺い知ることができます。

組み合わせ案内

右記プログラムとの組み合わせがオススメです

絶滅危惧種の実態と保護考察

http://www.mstb.jp/mt/mt-tb.cgi/58

▲このページの先頭へ移動する