このページではJavaScriptを使用しています

グリーンツーリズム・エコツーリズム体験プログラムガイド「感動体験南信州」株式会社南信州観光公社

TOP» プログラムレポート» 2018稲、りんご生育状況(夏編)

プログラムレポート|2018稲、りんご生育状況(夏編)

2018稲、りんご生育状況(夏編)

2018年07月12日 2018:07:12:14:07:02 「農林業体験」に関するレポート

2018_seiiku2.jpg

南信州は6月29日ごろ、梅雨明けされたとみられるとの発表がありましたが
最近は大雨や雷雨といった不安定な天候が続いています。
西日本では先日の大雨で甚大な被害がありました。
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

2018_seiiku1.jpg

天候の良い日を見計らって生徒の皆さんが田植え、りんごの摘果体験プログラムで
体験された圃場に伺い、生育状況を見てきました。

2018_seiiku3.jpg
稲も植えた当初は弱弱しく、緑の紐の様な感じだったかと思いますが立派に
育ってきています。

2018_seiiku3-1.jpg
緑一面になりました。じゅうたんのようですね。
夏の田んぼは青い稲のむせ返るような香りがして個人的にお気に入りです。

2018_seiiku4.jpg
用水路にイトトンボでしょうか、休んでいる昆虫がいました。
田んぼは生態系の多様性を感じます。

2018_seiiku5.jpg
りんごの摘果体験をした果実はパチンコ玉大からすももを小ぶりにした位まで
生長していました。

2018_seiiku6.jpg

2018_seiiku7.jpg

農家の方が丁度、田んぼの除草作業に勤しんでらっしゃいました。
ヒエやコナギ等、雑草が生えてきたので手で引っこ抜いているとのお話。
田植え体験をされた生徒の皆さんも自分の植えた田んぼの草を抜きに
是非来て下さいとおっしゃっていました。

2018_seiiku8.jpg

2018_seiiku9.jpg

田んぼの片隅に咲く、清涼感溢れる花々。夕立にあたって更に色鮮やかに感じました。
南信州もこれからが夏本番!

農家の方々の農作物の管理作業は続きます。
立派に育って収穫の秋を迎えてほしいですね。

Staff T.^_^.T


「プログラムレポート」TOPに戻る»

▲このページの先頭へ移動する