期間限定プログラム

【南信州の方限定】南信州の関所・番所シリーズ① ~清内路街道から三州街道編~(9/11)

1人〜

期間限定

~ふるさと再発見の旅~

地元ガイドがご案内致しますので、知っているようで知らなかった南信州の魅力を発見できます!

※只今、定員に達しておりキャンセル待ちでの受付となります。

いくつもの街道が交錯し、古くから東西文化が行き交った“交通の要衝”南信州には、10箇所を超える関所・番所が置かれ、全国的にも関所・番所が集中する場所として注目されています。今回は第1弾として、中馬(三州)街道と清内路街道などに置かれた5箇所の関所を訪ねます。


~清内路関所跡~
幕末、清内路関所への水戸天狗党の通行を巡る問題で、関所を管理していた飯田藩の役人が責任を取って厳罰(切腹)させられました。


~小野川関所跡~
戦国時代から明治維新まで、阿智村の小野川中平にあった関所の跡で、今は石垣だけが残ります。江戸時代、阿島の知久氏が管理した4関所(浪合・帯川・心川・小野川)の一つです。


~浪合関所跡~
三州街道(中馬街道)の要衝の地に設けられた関所で、戦国時代、武田氏により設けられました。江戸時代、阿島の知久氏が管理した4関所(浪合・帯川・心川・小野川)の一つです。


自然薯料理と味噌田楽が名物の「じねん亭」で昼食


~信玄塚~
根羽村は、一説に武田信玄終焉の地とも言われています。江戸時代に、武田信玄の家臣の人達が信玄公を偲んで建てた宝篋印塔(信玄塚)が祀られています。


~滝之澤城跡・とつばせ関所跡~
武田氏及び下條氏が、美濃三河に対する備えとして郭を築いたといわれます。関所は本陣地の真下にあります。


~旧駒場宿・あふちの関跡~
旧駒場宿は多くの街道が交差する要衝の地で、古くは古代東山道の「阿知駅」「あふちの関」が置かれました。中世以降は、三州街道(中馬街道)の宿場町として大変栄えました。現在は、地元の方々により活発な宿場町の活用が行われています。

詳細なパンフレットはこちらです。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)

* おすすめポイント

~南信州・ふるさと再発見の旅~

◎南信州地域在住の方限定のツアーです。

◎りんごの里(飯田市)発着バスツアーです。

◎専門ガイドが同行します。

* プログラムの流れ

■日時:2021年9月11日(土) りんごの里(飯田市)発着 日帰り 募集定員15名 小型バス利用
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程

りんごの里 出発(8:00)

⇒清内路関所跡⇒小野川関所跡⇒浪合番所跡

⇒旧浪合宿・浪合神社⇒じねん亭(昼食)⇒信玄塚

⇒ネバーランド(休憩)⇒滝之澤城跡・とつばせ関所跡

⇒旧駒場宿・あふちの関跡⇒りんごの里 到着(16:30)

* 料金

■旅行代金 りんごの里(飯田市)発着 料金 14,800円(税込)

* 備考

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 長野県旅行業協会会員旅行社
総合旅行業務取扱管理者 高橋充

このツアーは、旅行特別補償の対象となります。

お申し込み後詳細をご案内させていただきます。
旅行条件書は、こちらでご確認下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています0

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top