期間限定プログラム

【南信州の方限定】“塩の道”秋葉街道「青崩峠」の古道を歩く(7/17)

1人〜

期間限定

~ふるさと再発見の旅~

地元ガイドがご案内致しますので、知っているようで知らなかった南信州の魅力を発見できます!

※只今、定員に達しておりキャンセル待ちでの受付となります。

信州遠山郷と遠州水窪町の間にある秋葉街道「青崩峠」は、峠付近が中央構造線の破砕帯でもろくなっており、山腹に広がる青い岩盤から「青崩峠」と名付けられました。今回は、浜松市水窪町側の整備された石畳の古道を歩きます。武田信玄の徳川領侵攻の際には信玄もここを通ったと伝えられ「武田信玄公腰掛岩」もあります。また近くには、鎌倉幕府5代執権・北条時頼が「廻国」の際、この地で重病になり、神主の看病により平癒したと伝わる足神神社も参拝します。


~兵越峠~
信州遠山郷と遠州水窪町の境にある兵越峠。毎年10月開催の「峠の国盗り綱引き合戦」でも有名です。
名前の由来は、武田信玄の兵が遠州徳川領に攻め入る際にこの峠を越えたためとも言われます。


~青崩峠~
「塩の道」「信仰の道」として知られる秋葉街道。今回、遠州水窪町側の石畳の古道を青崩峠まで歩きます。
青崩峠では、中央構造線の破砕帯の青い岩盤を専門ガイドの案内で観察します。
※秋葉街道「青崩峠」のウォーキングは、浜松市水窪町側の青崩峠駐車場から青崩峠まで石畳の秋葉古道を往復約1時間かけて歩きます。

~足神神社~
青崩峠に至る石畳の古道の近くには、鎌倉幕府5代執権・北条時頼の「廻国伝説」にまつわる足神神社も参拝します。
足の病気平癒を願う人々が奉納した絵馬など広く信仰されている神社です。


~遠山郷土館・和田城~
遠山郷と言えば「遠山の霜月祭り」が有名です。この機会に霜月祭りについてゆっくり学んでみましょう。
屋外には、遠山土佐守と徳川家康対面の場面を描いた像もあります。来年の大河ドラマ「どうする家康」の放映を前に注目ポイントです。

詳細なパンフレットはこちらです。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)

* おすすめポイント

~南信州・ふるさと再発見の旅~

◎南信州地域在住の方限定のツアーです。

◎りんごの里(飯田市)発着バスツアーです。

◎専門ガイドが同行いたします。

* プログラムの流れ

■日時:2022年7月17日(日) りんごの里(飯田市)発着 日帰り 募集定員15名 小型バス利用
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程
りんごの里(8:00道の駅遠山郷(休憩&買い物)→兵越峠(休憩&散策)→「青崩峠」駐車場→秋葉古道を歩く(登り)→青崩峠(周辺散策)→秋葉古道を歩く(下り)→「青崩峠」駐車場にて手作り弁当の昼食→足神神社→遠山郷土館和田城&龍淵寺→りんごの里(16:40

※秋葉街道「青崩峠」のウォーキングは、浜松市水窪町側の青崩峠駐車場から青崩峠まで石畳の秋葉古道を往復約1時間かけて歩きます。

* 料金

■旅行代金 りんごの里(飯田市)発着 料金 14,000円(税込)

* 備考

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 長野県旅行業協会会員旅行社
総合旅行業務取扱管理者 高橋充

このツアーは、旅行特別補償の対象となります。

お申し込み後詳細をご案内させていただきます。
旅行条件書は、こちらでご確認下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています。

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top