期間限定プログラム

【南信州の方限定】大平宿の発祥と盛衰を知る、旧中山道の面影とともに(10/8)

1人〜

期間限定

~ふるさと再発見の旅~

地元ガイドがご案内致しますので、知っているようで知らなかった南信州の魅力を発見できます!

秋の気配漂う大平宿の旧庄屋(紙屋)で、飯田市歴史研究所研究員から大平宿の発祥からその盛衰について話を伺います。その後、旧中山道の面影を色濃く残す「落合の石畳」(国史跡)や三宿(馬籠宿・落合宿・中津川宿)を訪れます。


大平宿
大平宿は木曽谷と伊那谷を結ぶ旧大平街道の宿場町。昔の面影を残す街並みを散策後、江戸時代の大平宿の発祥から盛衰について飯田市歴史研究所の研究員から話を伺います。
昼食は紙屋さんの囲炉裏を囲んで五平餅や汁物をいただきます。


馬籠宿
旧中山道の宿場町の中では昔の面影が良く残っている人気の宿場町です。本陣跡は文豪島崎藤村の記念館になっており見所の一つです。是非お立ちよりください(別料金)。


「落合の石畳」(国史跡)
馬籠宿と落合宿の間には旧中山道の面影を良く「落合の石畳」があります。江戸時代には、尾張藩が石畳を整備したそうで、新茶屋から落合宿までの区間が国史跡に指定されています。


落合宿
落合宿の本陣は「明治天皇小休所」として使用された由緒ある建物で、「落合の石畳」を含め国史跡に指定されています。


中津川宿
旧中山道の宿場町で「卯建」の上がる町並みが残っており必見です。また町中の「中津川市中山道資料館」には中山道に関する貴重な展示が見られ、幕末の南信州の偉人である松尾多勢子や北原稲雄の史料も展示しています。

詳細なパンフレットはこちらです。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)

* おすすめポイント

~南信州・ふるさと再発見の旅~

◎南信州地域在住の方限定のツアーです。

◎りんごの里(飯田市)発着バスツアーです。

◎現地ガイドがご案内します。

* プログラムの流れ

■日時:2022年10月8日(土) りんごの里(飯田市)発着 日帰り 募集定員18名 中型バス利用
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程
りんごの里(8:00)→大平宿散策→大平歴史講座「江戸時代の大平宿」(紙屋)→昼食(五平餅、汁物など *紙屋)→馬籠宿→落合の石畳(国史跡)→落合宿本陣(明治天皇御小休所。国史跡)→中津川宿(中山道歴史資料館と卯建の町並み)→りんごの里(17:30)

* 料金

■旅行代金 りんごの里(飯田市)発着 料金 16,000円(税込)

* 備考

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 長野県旅行業協会会員旅行社
総合旅行業務取扱管理者 高橋充

このツアーは、旅行特別補償の対象となります。

お申し込み後詳細をご案内させていただきます。
旅行条件書は、こちらでご確認下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top