期間限定プログラム

【南信州の方限定】“渋沢栄一とともに”日本の近代化の礎を築いた伊那谷の巨星たち(7/3)

1人〜

期間限定

~ふるさと再発見の旅~

地元ガイドがご案内致しますので、知っているようで知らなかった南信州の魅力を発見できます!

“日本近代資本主義の父”渋沢栄一。東京株式取引所(現東京証券取引所)の設立には、渋沢とともに“天下の糸平”田中平八と今村清之助(高森町出身)が深く関わっていました。慶応3年(1867年)パリ万国博覧会には、渋沢とともに“日本の博物館の父”田中芳男(飯田出身)が同行していたのです!


“天下の糸平“田中平八生誕郷碑(駒ヶ根市)
“天下の糸平”こと田中平八は、赤須村(現在の駒ケ根市)に生まれ、飯田の商家・田中家に養子入りし、その後横浜を舞台に生糸・洋銀などの相場で財を成しました。渋沢栄一とも交流が深く、渋沢の著書では「三人の仕事の天才」の一人にあげています。


国重要文化財に指定されている「旧竹村家住宅」


洋風の建物が美しい「駒ヶ根郷土館」


東京株式取引所(現東京証券取引所)の設立には、渋沢栄一と共に田中平八や今村清之助(高森町出身)が深く関わりました。
※写真は「ブラタカモリ」より


駒ケ根シルクミュージアム
養蚕・製糸の歴史から最新のカイコの研究に至るまで、幅広い視点で「シルク」をとらえたカイコとシルクにあえる博物館です。館内には、駒ケ根市に生まれ、生糸で財を成した“天下の糸平”田中平八の貴重な遺品が展示されています。


田中芳男(飯田市美術博物館蔵)
幕末の慶応3年(1867年)に開かれたパリ万国博覧会には、渋沢とともに“日本の博物館の父”田中芳男(飯田城下の荒町出身)が幕府家臣として同行していました。


今村清之助(今村雄治氏所蔵)
今村清之助は、出原村(現在の高森町出原)に生まれ、田中平八と同様に横浜において生糸で財を成しました。渋沢栄一、田中平八等とともに東京株式取引所の設立に関わり、その設立時には、渋沢と同株数を出資するほか、両毛鉄道(群馬県・栃木県)の設立など鉄道事業にも尽力し「鉄道王」と称されるなど「日本近代資本主義」の確立に多大な業績を残しました。

詳細なパンフレットはこちらです。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)

* おすすめポイント

~南信州・ふるさと再発見の旅~

◎南信州地域在住の方限定のツアーです。

◎りんごの里(飯田市)発着バスツアーです。

* プログラムの流れ

■日時:2021年7月3日(土) りんごの里(飯田市)発着 日帰り 募集定員22名 大型バス利用
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程

りんごの里 出発(8:00)

⇒後藤三右衛門生誕地⇒天下の糸平碑⇒田中芳男顕彰碑

⇒飯田市美術博物館⇒高森町時の駅⇒今村清之助生家跡

⇒カフェいるもんで(昼食)⇒駒ケ根市 大沼湖周辺(天下の糸平碑など)

⇒田中平八生誕地碑(車窓)⇒シルクミュージアム⇒道の駅田切の里

⇒りんごの里 到着(17:50)

* 料金

■旅行代金 りんごの里(飯田市)発着 料金 13,800円(税込)

* 備考

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 長野県旅行業協会会員旅行社
総合旅行業務取扱管理者 高橋充

このツアーは、旅行特別補償の対象となります。

お申し込み後詳細をご案内させていただきます。
旅行条件書は、こちらでご確認下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top