期間限定プログラム

【南信州の方限定】知られざる伊那谷の南北朝史を辿る(11/14)

1人〜

期間限定

~ふるさと再発見の旅~

地元ガイドがご案内致しますので、知っているようで知らなかった南信州の魅力を発見できます!

※只今、定員に達しておりキャンセル待ちでの受付となります。

南北朝時代、大鹿村から伊那市長谷、そして諏訪大社に至る道筋は、南朝勢力の重要な拠点であり、宗良親王に関わる史跡が多く点在しています。またこの場所には、最後の北条得宗家・北条高時の遺児である北条時行が南朝方として北朝方の小笠原氏と戦った「大徳王寺城の合戦」など重要な歴史が刻まれています。


福徳寺(国重要文化財、大鹿村)
福徳寺本堂(重文)の建築年代は、鎌倉後期に建築された貴重な文化財です。建築年代から、南北朝時代に宗良親王がこの地に入ってきた時には、存在したお寺ということになります。


信濃宮(大鹿村)
信濃宮は、宗良親王(後醍醐天皇皇子)を祀る神社で、拝殿前には、宗良親王の和歌を記した歌碑があります。


宗良親王歌碑
「我を世にありやと問はば信濃なるいなと答えよ峰の松風」


常福寺(伊那市長谷)
伊那市長谷溝口にある常福寺には、寺の屋根の改修工事の際に、天井裏から落下してその存在が明らかになった宗良親王の坐像が大切に保管されています。また寺の裏山「御山」には、宗良親王の墓が祀られており、子息の尹良親王が父である宗良親王の菩提を弔うために建てたことが記されています。


大徳王寺城跡(伊那市長谷)
大徳王寺城跡は、南北朝時代、鎌倉時代に最後の北条得宗家であった北条高時の遺児・北条時行が南朝方として、北朝方の小笠原貞宗との激戦を繰り広げたことで知られる有名な城です。この「大徳王寺城跡」は、その場所が昔から特定が難しく、諸説ありましたが、城のある常福寺が江戸時代には、「大徳王寺」と呼ばれていたことから、この場所が「大徳王寺城跡」とほぼ特定されました。


溝口露頭
日本一の断層として知られる中央構造線の露頭で、内帯と外帯の二つにわかれた様子がよくわかる貴重な文化財です。三峰川に面したこの溝口露頭がある場所は、「大徳王寺城」の「下城」とされます。


高遠城址公園
春には「天下第一の桜」と称される桜の名所です。城主は戦国時代~江戸時代には、武田勝頼、保科氏、鳥居氏、内藤氏などに移り替わりますが、南北朝時代に南朝方の北条時行が北朝方の小笠原氏と戦った「大徳王寺城」がこの高遠城であるとの説もあります。長谷の常福寺のある場所が「大徳王寺城」である説が有力な感じがしますが。真相はどうだったのでしょうか。

詳細なパンフレットはこちらです。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)

* おすすめポイント

~南信州・ふるさと再発見の旅~

◎南信州地域在住の方限定のツアーです。

◎りんごの里(飯田市)発着バスツアーです。

◎現地ガイドがご案内します。

* プログラムの流れ

■日時:2021年11月14日(日) りんごの里(飯田市)発着 日帰り 募集定員15名 小型バス利用
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程

りんごの里 出発(8:00)

⇒桶谷(北条時行隠れ里伝承)⇒福徳寺⇒信濃宮(宗良親王を祀る)

⇒道の駅歌舞伎の里大鹿(昼食)⇒分杭峠経由

⇒常福寺(宗良親王坐像と親王墓)⇒大徳王寺城跡(南朝方:北条時行と北朝方:小笠原貞宗合戦の地)

⇒溝口露頭⇒高遠城址

⇒りんごの里 到着(17:00)

* 料金

■旅行代金 りんごの里(飯田市)発着 料金 14,500円(税込)

* 備考

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 長野県旅行業協会会員旅行社
総合旅行業務取扱管理者 高橋充

このツアーは、旅行特別補償の対象となります。

お申し込み後詳細をご案内させていただきます。
旅行条件書は、こちらでご確認下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています0

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top