期間限定プログラム

【南信州の方限定】菱田春草 特別展「故郷につどう珠玉の名画」鑑賞と中村不折の故郷”高遠を訪ねる(10/17)

1人〜

期間限定

~ふるさと再発見の旅~

地元ガイドがご案内致しますので、知っているようで知らなかった南信州の魅力を発見できます!

「黒き猫」「王昭君」など春草珠玉の名作を春草講座とともに鑑賞します。中村不折は、飯田学校時代に春草に絵画を教えた恩師であり、洋画家・書家として大成します。不折の故郷である高遠は、武田勝頼の母(諏訪御料人)の墓や江戸の一大スキャンダル「絵島・生島事件」の絵島囲み屋敷など歴史的魅力満載です。


菱田春草生誕地公園のある「春草通り」をゆっくり散策します。


飯田市美術博物館にて、春草珠玉の名作を春草講座とともに鑑賞します。
「黒き猫」「王昭君」など学芸員がご案内致します。


建福寺は「高遠石工の寺」として知られている名刹で、武田勝頼の母(諏訪御料人、湖衣姫、由布姫)の墓、高遠藩主保科氏の墓があります。


進徳館は幕末、万延元年3(1860)に高遠城内に設けられた高遠藩の藩校で、城址敷地内に現存する藩校建造物は珍しく、国史跡に指定されています。


高遠城は、天正10年(1582)の仁科五郎盛信(武田信玄五男)が織田軍による総攻撃を受け落城したことで有名です。
江戸時代は、高遠藩(内藤家)三万石の居城で、城址公園は「天下第一の桜」と称される「タカトオコヒガンザクラ」で多くの花見客で賑わいます。


江戸時代の一大スキャンダルと言われる「絵島生島事件」。
絵島は、江戸城大奥年寄りでしたが、この事件で高遠藩に「遠流」の罪で流され、死去するまでこの「囲み屋敷」(復元)で監視されながら幽閉生活を余儀なくされ、61歳でこの地で亡くなりました。

詳細なパンフレットはこちらです。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)

* おすすめポイント

~南信州・ふるさと再発見の旅~

◎南信州地域在住の方限定のツアーです。

◎りんごの里(飯田市)発着バスツアーです。

◎現地ガイドが同行します。

* プログラムの流れ

■日時:2021年10月17日(日) りんごの里(飯田市)発着 日帰り 募集定員22名 大型バス利用
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程

りんごの里 出発(8:10)

⇒春草通り(生誕地公園他)⇒飯田市美術博物館

⇒“高遠のマツタケ旅館“竹松旅館にて昼食

⇒建福寺⇒進徳館⇒高遠城跡⇒信州高遠美術館

⇒高遠町歴史博物館⇒りんごの里 到着(18:00)

* 料金

■旅行代金 りんごの里(飯田市)発着 料金 16,000円(税込)

* 備考

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 長野県旅行業協会会員旅行社
総合旅行業務取扱管理者 高橋充

このツアーは、旅行特別補償の対象となります。

お申し込み後詳細をご案内させていただきます。
旅行条件書は、こちらでご確認下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています。

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top