期間限定プログラム

名古屋発着 遠山の霜月祭り見学ツアー(12/15~16)

1人〜

期間限定

遠山の霜月祭り見学ツアー

~国重要無形民俗文化財 遠山の霜月祭りとは~
「遠山の霜月祭り」(国重要無形民俗文化財)は、飯田市上村・南信濃(遠山郷)に古くから伝わる湯立て神楽の祭りです。冬至を迎え、万物の生命の源である太陽の力が弱まる旧暦の霜月、各神社の社殿には釜とその上に神座が設けられ、湯を煮えたぎらせて神々に捧げます。祭りのクライマックスを迎えると天狗などの面が登場し、煮えたぎる湯を素手ではねかけます。人々は、ふりかけられた禊ぎの湯によって一年の悪を払い、新たな生命を復活させると言われています。

【旅行企画・実施】南信州観光公社
【協力】飯田市


写真はイメージです。

霜月祭りの見学①
遠山郷内10箇所の神社で行われる霜月祭りの中から、今回は最終日に行われる「尾野島正八幡神
社」(八重河内地区)の霜月祭りを見学します。夜の神事に先立って行われる湯立神事や舞を見学します。


写真は、イメージです

“いろりの宿 島畑にて夕食
本日のお宿「いろりの宿 島畑」にチェックイン・休憩後、昔懐かしい囲炉裏を囲んで、ジビエ料理や山の恵みにこだわった郷土料理を存分にご堪能ください。


写真は、イメージです

霜月祭りの見学②
遠山の霜月祭りは、いよいよクライマックスを迎えます。「水の王」が登場し、煮えたぎる湯釜に素手を入れて湯をはねかけると、湯気で真っ白になった社殿は熱気と歓声に包まれます。その後、火の王、じいさ、ばあさ、猿、また遠山氏の滅亡に関わる御霊面など全部で41面もの個性的な「面」が次々に登場します…
祭り見学の途中でも、ご希望により宿までお送りすることも可能です。


写真は、イメージです

源助かぶ菜漬体験(信州の伝統野菜)
長野県には、日本三大漬け菜の野沢菜がありますが、南信州で漬け菜といえば「源助かぶ菜」のことを言います。今回、「道の駅とよおかマルシェ」にて、水でしめて切り漬けにする体験を行ないます。もちろん出来上がった源助かぶ菜はお土産にお持ち帰りいただきます。


写真は、イメージです

「ひらのや」 にてランチ
飯田のシンボル「りんご並木」近くにあり、古民家をリノベーションした隠れ家的な雰囲気の人気カフェです。野菜など地元の旬な食材をふんだんに使ったオリジナル料理をご堪能ください。


©川本プロダクション

飯田市川本喜八郎人形美術館 「三国志 ~五丈原の戦い~」
1980年代にテレビ放映された「人形劇 三国志」。今回ご覧いただく特別展は、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」で有名な「五丈原の戦い」です。緊張感漂う名場面をお見逃しなく!

* プログラム情報

■日時:2018年12月15~16日 1泊2日 募集定員25名(最小催行人数20名)
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

■行程:名古屋駅太閤口集合(8:30) ⇒飯田IC
⇒蕎麦処 丸西屋にて昼食(12:15~13:15)
⇒遠山の霜月祭りを学ぶ(13:25~14:25)
⇒霜月祭りの見学①(14:30~15:40)
⇒いろりの宿 島畑にて休憩・食事(16:00~20:00)
⇒霜月祭りの見学②(20:15~24:00)
⇒いろりの宿 島畑 宿泊

2日目
⇒いろりの宿 島畑 出発(9:15)
⇒源助かぶ菜漬体験(10:45~11:30)
⇒「ひらのや」 にてランチ(12:00~13:10)
⇒飯田市川本喜八郎人形美術館(13:15~14:00)
⇒飯田IC⇒名古屋駅(16:15)

* 料金

■旅行代金:お一人様 ¥29,800

* 備考

■宿泊条件について
お部屋は2~3名1室利用が基本です。1名様でご参加の場合は、相部屋でのご利用をお願いする場合もあります。なお、1名1室ご利用の場合は、割り増し料金2,000円が加算されます。
お部屋については、ご希望に沿えない場合もありますので予めご了承ください。

■お申し込み方法
予約お申し込みフォームからお申し込みください。
代表者の方の年齢、同伴者がいる場合は、同伴者の方の氏名を記入してください。
お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています。

組み合わせプログラムのご案内

ご紹介プログラムとの組み合わせがオススメです!

関連プログラムは未設定です

Page Top