新着情報

期間限定 NEW

天竜川の和船文化と技・職人に出会う旅 参加者募集(2/10)


天竜川の和船文化と技・職人に出会う旅 ~和船の伝統・文化を守る~
【天竜川の和船文化と技・職人に出会う旅 参加者募集!】

かつて日本の河川では、多くの木造和船の姿が見られましたが、明治以降、徐々に需要が減り、現在和船を一から作ることのできる船大工は大変少なくなりました。しかし天竜川の川下りでは、その貴重な船大工が現役バリバリで活躍しています。今回、和船の船大工として著名なダグラス・ブルックス氏が来日することになり、天竜舟下りの船大工とのコラボレーションによる和船作りの様子を間近でご覧いただく特別なツアーを企画しました。日米の職人による日本伝統の技に触れる貴重な機会をお見逃しなく!


《ダグラス・ブルックス氏》

アメリカ人(アメリカ在住)の和船の船大工・著述家であり、和船の研究者としても広く知られる。佐渡島のたらい舟の船大工と出会った事が契機となり和船に深く心惹かれ、日本各地の和舟を船大工と共に制作し、その制作方法を記録。29日(日)には飯田 市で開催される「天竜川和船文化保存会シンポジウム」でメイン講師を務める。


《日時》 2019年2月10日(日)日帰り
《旅行料金》 1名様 15,000円(税込)
《募集人員》 40名 先着順  最少催行人数25名
《申込期限》 2019年1月28日(月)

【旅行企画・実施】
株式会社南信州観光公社
【協力】
天竜川和船文化保存会/飯田市

※パンフレットはここをクリックしてください。
(PDFファイル/別ウィンドウで開きます)。

 


写真は、イメージです
船大工の技に触れる

天竜川のほとりにある市田造船所で、アメリカ人の和船船大工(和船研究者)であるダグラス・ブルックス氏とベテラン船大工のコラボによる和船作りをご覧いただきます。船大工が独特のリズムで金づちを打ち付けると、テンポ良い軽快な音が造船場内に響き渡ります。

参加者の皆さんには、舟釘を打つ貴重な体験もご用意しております!


写真は、イメージです
長屋門 桒はら にてランチ

長年フレンチシェフを務めたオーナーが営む焼肉屋で、フレンチシェフならではの絶品料理(肉料理)をお召し上がりいただきます。江戸時代に庄屋を務めた古民家で、古き良き木造の雰囲気の中でお食事をご堪能ください。


写真は、イメージです
天竜川和船文化の話を聞く

天竜川は、江戸時代に川を使って物資を運搬した天竜川通船や明治以降内外の観光客で賑わった川下りや名勝天龍峡を遡上する帆掛け船など、豊富な和船文化が息づいています。そうした天竜川の和船文化について興味深いお話を聞きます。


写真は、イメージです
豪快!天竜舟下り こたつ舟を楽しむ

和船作りの見学とお話に想いを馳せながら、天竜舟下りをお楽しみいただきます。冬の風物詩でもある「暖房こたつ舟」に乗って冬の渓谷美をお楽しみください。


写真は、イメージです
いちご狩りを満喫!

おひさまと南信州の大地が育てた春の贈り物!温かいハウスの中で真っ赤に熟れた大粒のいちごを思う存分お楽しみください。


写真は、イメージです
冬の「名勝 天龍峡」眺望とcafé time!

天竜川の両岸に奇岩、巨岩がそそり立つ「名勝 天龍峡」。その渓谷美をゆるやかに下る「天龍ライン下り」は、天竜川のもうひとつの和船文化の象徴です。凛とした空気に包まれた冬の渓谷美と、土産物店をリノベーションした「テンリュウ堂」でのcafé timeをお楽しみください。

 

■日時:2019年2月10日(日)日帰り 募集定員40名(最小催行人員25名)
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます

■行程:名古屋駅太閤口集合(7:30) ⇒飯田IC
⇒船大工の技に触れる(10:10~11:30)
⇒「長屋門 桒はら」にてランチ(11:45~12:20)
⇒天竜川和船文化の話を聞く(12:30~13:30)
⇒豪快!天竜舟下り~こたつ舟~を楽しむ(13:30~14:10)
⇒いちご狩りを満喫!(14:20~15:00)
⇒冬の「名勝 天龍峡」眺望とcafé time!(15:15~16:15)
⇒天龍峡IC⇒名古屋駅(18:30)
■旅行代金:お一人様 ¥15,000

■お申し込み方法

期間限定プログラムのページのお申し込みフォームからお申し込み下さい。

お申し込みは、下記の電話、ファックスでも承っています。

■お申し込み・お問い合わせ:南信州観光公社 長野県飯田市育良町1-2-1
■TEL:0265-28-1747
■FAX:0265-28-1748

長野県知事登録 旅行業第2-431 号 総合旅行業務取扱管理者 高橋充
このツアーは、旅行特別補償の対象となります。
【備考】
お申し込み後、詳細をご案内させていただきます。

 

「お知らせ|長野県南部のツアーガイド・南信州観光公社」TOPに戻る»

期間限定一覧へ戻る

Page Top